グローバル教育推進センター 長挨拶

English中文

 みなさん、こんにちは。グローバル教育推進センター(R-Globe : Center for the Promotion of Global Education)センター長の村田和代です。R-Globeは、龍谷大学と世界をつなぐプラットフォームで、龍谷大学と海外大学との交流協定締結や海外留学、外国人留学生の受け入れを推進しています。

 龍谷大学では、国際化推進の具体的目標として「国際社会で活躍できるグローバル人材の育成」と「多文化共生キャンパスの実現」を掲げています。本学の建学の精神である浄土真宗の精神を体現できる豊かな人間性と教養を身につけ、自国文化の理解とともに異文化や多様性を受容する環境適応力を有する人材の育成をめざしています。そして、何よりも「対話」を通した共存と平和の心を重視しています。グローバル人材とは、海外で活躍する人材だけを指すのではありません。グローバル人材とは、海外で活躍する人材だけではなく、グローバルな視野をもちながら地域(ローカル)で活躍する人材もまた龍谷大学がめざす人材像ではないかと考えています。さらに、「多文化共生キャンパス」を実現するためには、多様な国や地域からの留学生が本学学生と「気軽に交流できる場」が必要です。そういった場をできるだけ多く提供するのがR-Globeのミッションなのです。

 現在龍谷大学では、世界35ヵ国・地域から435名(2017年3月現在)を超える留学生が学んでいます。留学生受け入れのためのプログラムとしては、各学部・研究科における正規留学生の他に、大学・大学院への進学支援を中心とする留学生別科と、交換留学生の受け入れを中心とするJEP(Japanese Experience Program in Kyoto)があります。JEPでは、日本語既修者を対象とするJEP-Jに加えて、2017年度9月からは日本語未修者に英語での授業を提供するJEP-Eを開始します。日本文化や伝統、歴史的建造物の宝庫である京都に、さらに多くの国・地域からの留学生を迎えることができればと切に願います。

 龍谷大学生の海外留学・派遣に関しても、正規留学である交換留学[協定校:世界31ヵ国・地域91校](2017年3月現在)や私費留学に加えて、龍谷大学の海外拠点である龍谷大学バークレーセンター(RUBeC: Ryukoku University Berkeley Center)で展開される長期・短期BIE(BIE: Berkeley Intercultural English)プログラム(語学研修と現地でのフィールド・ワーク)、教養教育科目である海外英語研修(オーストラリア語学研修、夏休み3週間/ハワイ語学研修、春休み3週間)、短期海外派遣プログラム(正課外2~3週間:タイ、シンガポール、韓国等)といった多様なプログラムが展開されています。今年度からは、グローバル展開している企業と連携したProject Based Learningであるグローバル・キャリア・チャレンジプログラムも始まります。さらに、R-Globeにある学び・交流スペースであるグローバル・コモンズにおいて、留学生による英語コミュニケーション教室や、出身国・地域の紹介セミナー、英字新聞記事に関する英語ディスカッション等々、さまざまな英語学習プログラムを提供しています。

 より多くの学生たちに、海外に目を向けてほしい、そして異文化間交流を通して「自分の常識は相手の常識ではない」ことを体感してほしいと思います。国際化・グローバル化は避けては通れない時代です。多様性を受け入れる柔軟な態度を涵養することが、「共生(ともいき)」の実現につながる――そう考えています。龍谷大学らしい国際化の推進にむけて貢献できれば幸いです。

グローバル教育推進センター長 政策学部教授 村田 和代

グローバル教育推進センター長
政策学部教授 村田 和代


このページのトップへ戻る


Hello, Everyone. I am Kazuyo Murata, Dean of the Center for the Promotion of Global Education (R-Globe). R-Globe is a platform for connecting the world. Our work focuses on developing partnerships with universities located internationally, and both sending students abroad and receiving students from overseas.

Here at Ryukoku University, our internationalization efforts are concretely focused on "developing global human resources who contribute to society" and "realizing a multicultural campus". We aim to cultivate capable individuals who possess rich humanity and education, are able to embody our school's founding philosophy in Jodo Shinshu Buddhism, and in having an understanding of one's own culture, also having the ability to be receptive of other cultures and diverse circumstances. Furthermore, we stress overall the importance of coexistence and peace through dialogue. Global human resources are not simply those who are active overseas. I feel that Ryukoku University aims for human resources who, with a global field of vision, are active in their local areas. For the purpose of creating a multicultural campus, it is necessary for our students to have the opportunity to interact in a carefree manner with international students, as well as diverse countries. It is the mission of R-Globe to provide multiple opportunities for such interaction.

At present (as of March 2017), more than 435 international students from 35 countries and regions are studying with us. While such students are enrolled in our Faculties and Graduate Schools, we offer the Japanese Language and Culture Program which prepares students for entry into undergraduate and graduate programs, as well as the Japanese Experience Program in Kyoto (JEP Kyoto). Furthermore, in addition to JEP-J which is designed for those who have had previous Japanese language study, the JEP-E study course will commence from September 2017. This JEP-E study course is comprised of classes in English for students with no Japanese language study background. We earnestly desire to welcome international students from even more countries and regions to the city of Kyoto, a treasure house of traditional Japanese culture and historic architecture.

In regards to exchange study abroad for Ryukoku University students (As of March 2017, we have 91 Partner Universities in 31 countries and regions) and privately funded study abroad, Ryukoku University also has an overseas base at the Ryukoku University Berkeley Center (RUBeC), though which we provide the Berkeley Intercultural English (BIE) Program, offering language study and local fieldwork for both long and short-term. Overseas English language training is also provided as a general education course (3 weeks of language study in Australia during the Summer, 3 weeks of language study in Hawai'i in the Spring), as well as short term extracurricular programs for 2-3 weeks (Thailand, Singapore, Republic of Korea, etc.). From this year, we are joining with globally expanding enterprises to offer Project Based Learning through our new Global Career Program. In addition, our Global Commons space offers students several English learning opportunities, such as an English communication class, seminars by international students which introduce one's own country and culture, and discussions about English language newspaper articles.

I hope for even more students to turn their eyes to the world, and have the experience of learning through the experience of intercultural communication that "one person's common sense is not necessarily that of another". In this era, we cannot ignore the necessity for internationalization and globalization. I believe the acceptance of diversity through the cultivation of a flexible attitude will aid in the realization of "tomoiki (symbiosis)". It is my deepest wish to be able to contribute to the promotion of internationalization in ‘Ryukoku University fashion’.

グローバル教育推進センター長 政策学部教授 村田 和代

Kazuyo Murata
Dean, Center for the Promotion of
Global Education
Professor, Faculty of Policy Science


Pagetop


大家好。我是海外教育推广中心(简称:R-Globe)的中心长村田和代。R-Globe作为龙谷大学与世界的纽带,与海外的大学缔结交流协议在促进校内学生海外留学的同时积极接收来自世界各地的留学生。

龙谷大学以「培养能活跃于国际社会的国际性人才」和「实现多文化共存校园」为具体目标,全力推进大学的国际化。我校以佛教净土真宗的思想为建学精神,旨在培养集净土真宗思想之人性和教养于一身,并兼备理解本国文化、适应多元文化、多样性环境的国际人才。其中尤其注重培养通过「对话」达到共存、和平的思考方式。国际人才并不单纯指活跃在国际社会的人才,拥有国际视野活跃在地方、地域的人才也是龙谷大学的育才目标。另外,为实现「多文化共存校园」,需要大学为来自世界各地的留学生和本校学生提供进行交流的场所。尽可能提供更多交流的场所也是R-Globe努力的目标。

现在龙谷大学有来自世界35个国家/地区的435名留学生在校学习。除了在各本科院系/研究生院的正规留学生外,还为想在日本升学的留学生提供预科课程-留学生别科,此外为交换留学生提供JEP(Japanese Experience Program in Kyoto)课程,并在2017年秋季学期开始为日语零基础的交换生提供英语课程。我们非常期待能够接纳更多留学生来这座日本文化和传统宝库(日本文化和古建筑物的宝库)的古都-京都留学。

龙谷大学在派遣本校学生留学海外方面,除了正规留学的交换留学(2017年3月至今已有姊妹校:31个国家/地区的91所大学)和自费留学外,还有在龙谷大学海外据点RUBeC: Ryukoku University Berkeley Center的长・短期留学项目BIE(BIE: Berkeley Intercultural English)、教养科目中的海外英语研修(暑期3周澳大利亚英语研修、春假3周夏威夷英语研修)、短期海外留学项目(利用放假期间的2~3周:泰国、新加坡、韩国等)等各种留学方式。今年开始启动与国内的跨国企业联手的Project Based Learning国际・就业计划。并在校内的国际交流共享空间举行与留学生的英语会话活动、由留学生主办的世界各地风俗介绍、就英文报刊内容进行英文辩论等等,为在校学生提供各种学习英语的机会。

为了让更多的学生能够面向海外,通过多文化交流体验,理解「自己的常识不代表对方的常识」。在现在的国际化/全球化时代,只有具备包容多样性的柔软态度,才能实现「共存」。非常荣幸能为龙谷大学的国际化作出贡献。

グローバル教育推進センター長 政策学部教授 村田 和代

海外教育推广中心长
政策学部教授 村田和代


このページのトップへ戻る