在留資格変更

授業料減免や奨学金を受給するためには、「留学」の在留資格を取得している必要があります。「留学」に変更する場合には、以下の変更手続きを行ってください。

 

在留資格変更申請をするとき

以下の必要書類を準備し、入国管理局にて申請してください。

 

  • 在留資格変更許可申請書
    法務省のホームページ 、入国管理局窓口にて入手できます。「申請人等作成用」p.1~3を記入の上、所属学部教務課にp.4~5を記入してもらってください。
  • 写真(4cm×3cm、無帽、無背景、提出の日前3ヶ月以内に撮影されたもの)
  • 在留カード(または在留カードとみなされる外国人登録証明書)
  • パスポート原本
  • 在学証明書 (新入生は入学許可書)
  • 成績証明書もしくは履修登録状況の証明
  • 手数料(1回4,000円)

 

この他にも、入管による変更審査のために、「日本在留中の経費支弁能力を証する文書」(預金残高証明書、保証人からの仕送りの履歴が分かる銀行通帳のコピーや保証人の収入証明書など)、履修登録用紙のコピーなど、申請者によって異なる資料を求められる場合があります。

 

詳しくは、法務省のホームページ で確認してください。

このページのトップへ戻る