新着情報

赤松学長、田中副学長が、留学生とのランチミーティングを開催!

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2014年5月23日

 5月20日(火)の昼休みを利用し、赤松学長、田中副学長と、各学部の正規留学生・交換留学生そして留学生別科生11名がランチミーティングを行いました。

 参加した留学生の出身国は、中国、韓国、ドイツ、スロバキア、フランス、ロシア、ベトナムと様々で、ランチを食べながら、学生生活の状況や本学に対する意見・感想を話していました。

 「大学の勉強以外に自分で日本を勉強する時間のために宿題を減らして欲しい」といった要望から、寮に住んでいる留学生からは、「日本人学生が生活をサポートしてくれる学生生活アドバイザー(寮チューター)制度はとてもよい。」といった感想、また、「出身大学と是非協定を締結して欲しい」といった提案まで寄せられました。

 学長、副学長からは、学生から出された疑問や意見に対して、丁寧な説明や感想があり、可能なことについては直ぐに対応したい旨述べられました。
    学長、副学長と参加した留学生たち

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る