新着情報

ミドルセックス大学(ロンドン)、バンガー大学(ウェールズ)と学生交換協定を締結

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2014年1月6日

ミドルセックス大学での調印式

バンガ―大学での調印式

12月18日(水)、赤松学長がロンドン北部に位置するミドルセックス大学を表敬訪問しました。当日は、同大学の副総長であり、4月には本学を訪問されたマイケル ・ドリスコル氏に出迎えられ、今後の交流の活性化を話題とした会談の後、学生交換協定の調印式を催行しました。同大学とは、2008年に、学術研究・教育活動促進に関する覚書を締結していましたが、今回の学生交換協定締結により、学生の交流を通じたより一層の協力関係の推進が期待できます。赤松学長からは、「ラーニングコモンズを完備するなど最先端の学修支援を行っているミドルセックス大学に、学生を派遣することができるのが楽しみです。京都は留学生の受け入れについて、行政の支援も進んでいるので、ミドルセックス大学の学生さんには、安心して本学に学びに来ていただきたい。」とのコメントが述べられました。

翌19日(木)には、ウェールズに位置するバンガー大学を表敬訪問し、赤松学長、ジョン・ヒューズ副総長による会談の後、学生交換協定の調印式を催行しました。また、調印式後には同大学国際センター担当者によるキャンパスツアーが行われ、「留学生は、本学のキャンパスをはじめて訪れた際には、ハリーポッターの世界に迷い込んだという感想を抱くようです。」と担当者から説明され、英国の伝統を感じさせるキャンパスでした。

今般の上記2大学との学生交換協定締結により、イギリスにおける学生交換協定締結校は、既に協定を締結していた3大学を含め5大学となりました。2013年は、日英の外交、通商、科学、文化交流400周年を迎えましたが、本学としても、今後も継続的に、同国との更なる交流を促進していきます。

ミドルセックス大学日本語ウェブサイト

バンガ―大学日本語ウェブサイト

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る