新着情報

長庚大学(台湾)と理工学研究科が学生交換協定を締結

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2012年8月1日

右からProf. Jen-Tsai Kuo、Prof. Chyan-Goei Chung(学部長)、大柳満之研究科長、石崎俊雄教授

右から Associate Prof. Kuo-Sheng Chin、Associate Prof. Min-Hsien Wu、石崎俊雄教授、Prof. Jen-Tsai Kuo、大柳満之研究科長、Prof. Liann-Be Chang(副学部長)

 龍谷大学大学院理工学研究科は、2012(平成24)年7月30日に台湾の長庚大学において、同大学工学部と学生交換協定を締結しました。協定締結式には、本学から大柳満之理工学研究科長及び本協定の交渉の中心になった石崎俊雄教授が出席しました。

 長庚大学は、台湾桃園県に本部を置く台湾の私立大学で医科大学を前身としており、工学部も医療技術の発展を目的として設立され、施設設備が非常に充実しています。
 歴史は浅いですが、2010年度世界大学ランキングにおいて、台湾内では台湾大学、成功大学、交通大学、清華大学に次いで第5位と多くの国立大学を凌いでおり、2011年アメリカで発行されている時事解説誌「USニューズ&ワールド・レポート」におけるアジアの大学ベスト100校にも選ばれています。特色ある研究型大学としての発展をめざし、産学連携や国際交流に積極的に取り組んでいる大学です。

 今回の協定締結により、長庚大学とは2013年秋より学生交換プログラムを開始します。理工学研究科は、引き続き更なる教育研究活動の国際化・活性化を目指します。

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る