BIE Program ボランティア活動詳細

Elementary Education

このボランティア活動は、各校での受け入れ可能状況により、バークレーのワシントン小学校およびルコント小学校など、様々な学校で行われます。学生は学校菜園での活動のアシスタントも行います。ほとんどの学生は、小学校の幼稚園クラスから5年生までの教室に配属されます。時には、中学校やYMCA、地域の博物館などで、就学年齢児童の手助けをすることもあります。

職務内容(例)

学生は教室内で、少人数グループでの活動を手助けしたり、個々の児童へ目を配ったり、生徒が取り組むプロジェクトを手助けしたりします。教員は学生に、各自の英語運用能力に応じた課題を与えます。学生は、英語や数学の課題(英語運用能力上級の学生の場合)や、図工の課題(英語運用能力初級の学生の場合)で児童を手助けし、一般的なクラス運営で教員の業務の補助を行います。また学生(英語運用能力初級の学生向け)は、図工の課題の計画や実施に参加することもできます。


また、異文化理解促進に努め、自分の国の料理や有機園芸の伝統について紹介したり、教員の補佐を行うことにより、学校菜園というユニークな教育概念のもと、児童たちとふれあうことができます。

YMCAや地域の博物館などの学校以外の受け入れ機関では、図工のプロジェクトに参加したり、館内を案内したり、展示物の説明を行ったり、特別な配慮の必要な生徒への支援を行ったり、その他広く学校からの団体の世話を補佐することで、就学年齢の児童とふれあうことができます。


学生は、放課後に開催される青少年プログラムで、クラス内のアシスタントを務めます。就学年齢の児童の宿題を手助けしたり(英語運用能力上級の学生)、本を読み聞かせたり、図工の課題を手助けしたりします(英語運用能力初中級の学生)。

サポート

コーネル小学校のウェンディ・ホームズ校長、フランクリン小学校のジャネット・マクドナルド校長、YMCAのブレンダ・ウォン氏などが受け入れ担当者を務めますが、受け入れ先施設内の人事異動により変更になる場合もあります。学生は毎日、受け入れ担当者に報告するものとします。研修初日は、研修先への安全な行き方を指示するために、ESIのスタッフが研修先まで同行いたします。ESIのインストラクターが担当者となり、期間中、学生の監督や、セミナーの開催、チームミーティングの課題の指示や、ポートフォリオおよび最終プレゼンテーションの採点などを行います。


BIE(5-week)Program 紹介ページ

BIE(Semester)Program 紹介ページ



Social Welfare

アメリカ合衆国は世界有数の豊かな国の1つですが、貧しく住むところの無い人々が大勢います。このホームレス支援ボランティア活動では、それらの問題について調査し、困窮する人々の支援を行います。最も名を知られたホームレス支援団体のひとつに、グライドメモリアル教会があります。サンフランシスコのダウンタウンにあるグライドメモリアル教会で行われる総合的なプログラムでは、貧困の防止や、庇護介入、教育支援を行うことにより、人間の基本的ニーズを満たすことを目指しています。グライドメモリアル教会は、若者から、単身で子育てをする親たちや、高齢者にいたるまで様々な層の人々への支援を行っています。グライドメモリアル教会は、米国における地域支援サービスの分野での先駆者であり、数回にわたりビル・クリントン元大統領の訪問を受けています。

職務内容(例)

学生は、様々な形でグライドメモリアル教会での活動に参加します。グライドメモリアル教会は1日に3度、食べるものに事欠く人々のために食事を提供しており、学生は食堂での活動を補佐します。また、高齢者向けの特別なミーティングにも参加します。上級レベルの学生は、自分の国でのくらしについてのプレゼンテーションを計画・発表し、その後、高齢者グループとのディスカッションを行います。初中級レベルの学生は、高齢者や児童に手工芸(折り紙や書道など)を披露します。


また、グライドメモリアル教会の支援プログラムの精神的ルーツについて理解するため、高名なセシル・ウィリアムズ牧師により毎週行われている日曜礼拝にも参加します。学生には、「前向きな子育て」や、「怒りのコントロール法」などをテーマとした他のディスカッションサークルに参加する機会もあります。グライドメモリアル教会はまた、大規模な活動の運営のために事務の補助作業も必要としています。

サポート

グライドメモリアル教会での受け入れ担当者は、教会スタッフのスケジュールにより当番制になっています。学生は毎日、受け入れ担当者に報告するものとします。グライドメモリアル教会は、サンフランシスコの貧困地区にあるため、ESIのスタッフが毎日グライドメモリアル教会への行き帰りに同行します。ESIのインストラクターが担当者となり、期間中、学生の監督や、セミナーの開催、チームミーティングの課題の指示や、ポートフォリオおよび最終プレゼンテーションの採点などを行います。


BIE(5-week)Program 紹介ページ

BIE(Semester)Program 紹介ページ



Environmental Protection

アメリカ合衆国は世界最大のエネルギー消費国として知られています。このため、エネルギーを節約し、リサイクルを行い、環境を害しない方法で栽培された有機食品を食べることなどを住民に指導する地域支援プログラムが必要になっています。地域の環境問題を理解することや、ベイエリアで数多く行われている、環境の保護や持続可能な資源の利用を推進するプログラムのいくつかにおいて、ボランティア活動を行うことを主な内容としています。


プログラムの一例として、このボランティア活動ではエコロジーセンターや、イーストベイ・コミュニティー・ガーデンズ、バークレイ・ユース・オルターナティブズ(BYA)、カリフォルニア・ユース・エナジー・サービス(CYES)、バークレイ・ファーマーズ・マーケット等や、この地域のグリーンハウスで研修を行います。学生は、期間中に様々な場所での活動を行います。また課題に取り組む中で、一定程度体を使う労働も必要になります。

職務内容(例)

エコロジーセンターでは、センター内のショップや図書館での補助作業から市内各地での特別行事のアシスタントなど、様々な仕事を担当します。上級レベルの学生はリサイクルシステムについての問い合わせに回答したり、初中級レベルの学生はショップの棚卸しや、郵便物の分配などを手伝ったりします。また、環境問題についての特別講義や、ファーマーズ・マーケットでのディスプレイ、アース・デイ・フェスティバルや先住民族のパウワウ、スパイス・オブ・ライフ・フェスティバルなどのエコロジーセンターが後援するイベントの立ち上げや運営に参加することもできます。BYAの菜園では、バークレイ高校の生徒と共に有機菜園にて、持続可能な農業への理解を広めるための活動をします。学生はまた、CYESで住宅所有者向けに無料で行っているエネルギー効率診断サービスのアシスタントを行います。ハビタット・フォー・ヒューマニティ・イースト・ベイでは、「環境にやさしい」住宅作りや、「グリーン・チーム・プログラム」のアシスタントをするボランティアを必要としています。ゴールデン・ゲイト・オードゥボン・ソサエティでは、生物の自然環境を取り戻す活動や、同団体の主催する、子供たちにマーティンルーサーキングジュニア海岸公園や地域の流域を紹介する「エコ・オークランド・プログラム」のアシスタントを務める学生を募集しています。

サポート

現在、エコロジー・センターのセーラ・ヴェッチ氏、ゴールデンゲイト・オードゥボン・エコオークランド・プログラムのアンソニー・デシッシオ氏、ハビタット・フォー・ヒューマニティ・イースト・ベイのイライザ・シッセル氏などが受け入れ担当者を務めています。受け入れ担当者は、受け入れ団体内の人事異動により、変更になる可能性があります。学生は毎日、受け入れ担当者に報告するものとします。研修初日は、研修先への安全な行きかたを指示するために、ESIのスタッフが研修先まで同行いたします。ESIのインストラクターが担当者となり、期間中、学生の監督や、セミナーの開催、チームミーティングの課題の指示や、ポートフォリオおよび最終プレゼンテーションの採点などを行います。


BIE(5-week)Program 紹介ページ

BIE(Semester)Program 紹介ページ


このページのトップへ戻る